MENU

彼氏が好きすぎる彼女の特徴は?長く付き合うためのNG行動と辛いときの対処法

彼氏が好きすぎる
彼氏以外のことを考えられない
彼氏が他の人を好きにならないか不安
彼氏が好きすぎて辛いときはどうすれば良い?

彼氏が好きすぎるって、とても幸せなことですよね。

しかし、好きすぎるからこそ生まれる感情もあります。この先ずっと一緒にいられるのか、彼がいなくなってしまわないかと不安に駆られることも。

そこで今回は、こうした彼氏が好きすぎる女性の特徴や好きすぎて辛いときの対処法について詳しく解説します。
編集部
彼氏との関係を長続きさせたいという方は、ぜひ参考にしてください。
あわせて読みたい
恋愛体質とは?特徴や注意点を解説!やめたい・抜け出したい方も必見 恋愛体質というと、常に好きな人や恋人がいたり、恋愛に一生懸命なイメージがありますよね。 一見ロマンチストで素敵に見える恋愛体質ですが、場合によっては大切なもの...
タップできるもくじ

彼氏が好きすぎる女性の8つの特徴

彼氏を一途に思えるというのは、とても幸せなこと。そんな彼氏が好きすぎる女性には、一体どのような共通点があるのでしょうか?

そこで、彼氏が好きすぎる女性に見られる8つの特徴をご紹介します。

常に彼氏と一緒にいたいと思っている

彼氏が好きすぎる女性は、とにかく常に彼氏と一緒にいたいと思っています。

彼氏と一緒にいるだけで幸せを感じるため、「ずっと一緒にいたい」という願いは切実。1分1秒でも長く一緒にいたいので、デートをしても帰りたがらなかったり、少しでも長く一緒にいるために同棲したいと考えたりすることもあります。

編集部
彼と一緒にいられるなら、趣味や交友関係、仕事など自分の生活を犠牲にしてもかまわないとまで思う人も少なくありません。

何よりも彼氏を最優先する

彼氏が好きすぎる女性は、何よりも彼氏を最優先します。

仕事やプライベートが忙しくても、彼以外のことは二の次。「疲れたから休みたいな」と思うことがあっても、彼氏に誘われたら断らずに会いに行くでしょう。時には友達との約束を断ってまで彼との約束を優先させるため、友情にひびが入ってしまうことも。

編集部
何よりも彼氏と一緒に過ごす時間が大切なので、そのためなら他のことを犠牲にするのはごく自然なこととまで考えてしまう傾向があります。

必要以上に連絡を取ってしまう

彼氏が好きすぎる女性は、彼氏といつもつながっていたいと思うため、必要以上に連絡を取りがちです。

特に用事がなくても、「何しているの?」「仕事終わった?」などこまめに連絡をします。また、少しでも返信が遅いと「浮気をしているの?」「他に好きな人ができたの?」と強烈に不安を感じ、返信を催促したり、メッセージを連投したりすることも。

編集部
そもそも男性は必要以上の連絡を好まない人が多いので、彼氏にとっては重荷に感じることもあるでしょう。

周囲にのろけ話をすることが多い

彼氏が好きすぎる女性は、友達といても頭の中は彼氏でいっぱい。

そのため、話をすると彼氏の話が中心となり、楽しくてつい止まらなくなってしまうことも。本人にそのつもりがなくても、周りからはのろけ話に聞こえてしまうこともあるでしょう。

あまり親しくない関係でのろけ話ばかりされると気分を害する人もいるので、のろけ話は気心知れた仲の良い友達とのみにするのがベター。

編集部
それでも、嬉しいことがあった時など話す内容や場所を選んでするのがおすすめです。

彼の好みの女性像に近づこうとする

彼氏が好きすぎる女性は、彼の好みの女性像に近づこうとする傾向があります。

もともと外見やファッションにこだわりが少ない人に多く見られますが、「彼好みの女性になりたい」「彼を喜ばせたい」と髪型やファッションなどを彼の好みに変えようとします。

編集部
彼は元々のあなたを好きになったのだから、無理矢理彼の好みに合わせる必要はありませんが、自分のために変わろうと頑張る彼女の姿にキュンとするという男性も少なくありません。

彼氏の行動をチェックする

彼氏の行動をチェックしてしまうのも、彼氏のことが好きすぎる女性の特徴の1つです。

彼氏のことが好きすぎる女性は、彼が今何をしているのか、どこにいるのかを常に知っていないと不安になりがち。中には、GPSで相手のいる場所を把握し合ったり、SNSをチェックしたりして相手の行動を知ろうとする人も。

お互いに了承しているならいいですが、自分が不安だというだけで逐一報告させるのは、彼氏の負担が大きすぎます。

編集部
いくら心配でも、彼氏を信じることが大切です。

記念日を大切にする

彼氏が好きすぎる女性は、記念日を大切にする傾向があります。

  • 初めて会った日
  • 初めてデートをした日
  • 初めてキスをした日

など、嬉しかった出来事を詳しく覚えていて、特別な日として毎年大切にしています。プレゼントをしたり、特別なデートプランを立てたりと楽しみにしているでしょう。

ただし、彼氏が同じように記念日を大切にする人とは限らないので、忘れていた時はガッカリしてしまうことも。

編集部
忘れていたからと喧嘩になってはせっかくの記念日も台無しになるので、記念日を仲良く過ごすためにも、一緒に準備をするのがおすすめです。

彼氏に尽くしすぎる

彼氏が好きすぎる女性は、彼氏に尽くしすぎる傾向があります。

自分のことよりも、彼氏を喜ばせることが最優先。「彼氏のためなら何でもしてあげたい」と思い、自分が犠牲になってもいいとまで思いがち。たとえ彼が原因で喧嘩をしたり、ひどい扱いをされたりしても、「悪いのは自分」と思い込んでしまう節もあります。

ここまでくると、彼が好きすぎて依存度も高くなっている状態。

編集部
彼の言うことを全て受け入れようとするので、注意が必要です。

彼氏が好きすぎると実感する5つの瞬間

恋人であれば彼を好きなのは当然ですが、ふとした瞬間に「彼氏が好きすぎる」と感じることもあるでしょう。

ここでは、彼氏が好きすぎると実感する5つの瞬間をご紹介します。

彼氏の笑顔を見た時

人から笑顔を向けられると、ドキッとしたり意識してしまったりすることは誰にでもあるでしょう。

特にその相手が彼氏からの場合、余計に心に響くもの。好きな人の笑顔を見るとキュンとして、「ひとり占めしたい」「もっと笑顔を見たい」と思うはずです。

一緒に会話や食事をしている時、ふと見た彼が笑顔になっていると、自分も嬉しい気持ちになります。

編集部
一緒に過ごす時間も多幸感にあふれ、好きすぎる気持ちを実感するでしょう。

スキンシップをした時

スキンシップをした時、彼氏を好きな気持ちがより強まる女性も多いです。

体が触れ合うと誰でもドキドキするものですが、彼とのスキンシップは特別。デート中に手をつないだり、抱きしめられたりすると「大好きだな」と再確認する女性も多いでしょう。

編集部
彼氏との付き合いが長くなるとマンネリ気味にもなりますが、そんな時にこそスキンシップをすることで彼への気持ちを再確認することもできます。

彼氏と好きなものが似てきた時

長い間彼と一緒にいると、自然と好きなものも似てきます。

食べ物や音楽など趣味嗜好が似てくることも多いですが、中には口癖やしぐさなどがうつることも。これは、一緒に過ごす時間が長いという理由ももちろんありますが、好きな相手に寄せようという気持が働くことも関係しています。

編集部
自分が彼氏に似てきたことに気付くと、「影響を受けるほど好きなんだな」と彼氏が好きすぎることを実感する人も多いでしょう。

彼氏と久し振りに会えた時

彼氏と久し振りに会えた時、彼氏が好きすぎると実感する女性も多いです。

仕事が忙しくて会う時間が取れなかったり、試験勉強で会えなかったり、遠距離恋愛をしていたりなど「会いたいのに会えない」状態が続いた後に久し振りに会うと、押さえていた相手への気持ちが一気に高まります。

会えない期間が長いほど、会った時の喜びも倍増します。

編集部
お互いの気持ちを再確認することもできるので、彼氏を好きすぎると実感することになるのでしょう。

友達と恋バナをしている時

友達と恋バナをしている時に、彼氏が好きすぎると実感する女性も多いです。

彼を好きとはわかっていても、実際にその大きさをはかるのは難しいもの。けれども、彼への思いを言葉にすることで、自分がどれだけ彼を好きなのかを実感できます。

編集部
また、自分では客観的に見えないことでも、友達に「いい彼氏だね」「うらやましい」と言われると「私って幸せなんだ!」と再認識できるので、彼氏への気持ちがさらに高まるともいえるでしょう。

彼氏が好きすぎる女性あるある4選

彼氏が好きすぎる女性は、何をしている時にも彼のことばかり考えているため、思いがけない行動を取ってしまうこともあります。

ここでは、彼氏が好きすぎる女性あるあるを4つご紹介します。

彼のことしか考えられなくなる

彼氏が好きすぎる女性は、彼に夢中になるあまり周りが見えなくなってしまうこともしばしば。

頭の中は常に彼の事でいっぱいで、仕事や勉強が手につかなくなったり、彼との約束を優先させるため友達との付き合いが悪くなったりすることも。「この世には彼と私しかいない」とまで思ってしまうこともあるでしょう。

中には、仕事などで関わる異性を全て彼と比べてしまうことも。

編集部
視野も狭くなり、自分の魅力も減ってしまうので注意が必要です。

彼の好きなものを好きになる

彼氏が好きすぎる女性は、彼の好きなものを好きになりがちです。

たとえば、音楽やゲームなどそれほど好きでなかったものでも、彼氏の影響で好きになることも。また、それまで使う習慣がなかったものでも、大好きな彼にプレゼントされて使うようになったりします。

実際、大して好きでないものでも「彼に嫌われたくないから」と受け入れがち。

編集部
自分も彼と同等またはそれ以上に好きになればいいですが、あれもこれも彼の好きなものを受け入れると「個性のない人」と思われてしまう可能性も。

精神的に不安定になる

彼氏が好きすぎる女性は、メンタル面で不安定になりやすいです。

彼氏と一緒にいるときには幸せを感じているものの、少し離れるとすぐ不安になりがち。たとえばLINEの返信がこないと、「何しているのかな?」「誰と一緒にいるのかな?」と不安になり、どうでもいいことにまで頭を悩ませます。

気持の揺れ幅が大きく、幸せと絶望を行き来するため精神的にも不安定になりやすいです。

編集部
不安な気持ちから、一人で泣くことも多いでしょう。

束縛や嫉妬をしてしまう

彼氏が好きすぎる女性は、気持ちが大きくなりすぎて束縛や嫉妬をしがちです。

彼のことが好きで好きで仕方がないと、自然と独占したい気持ちも湧いてきます。しかし、ちょっとした嫉妬や束縛なら可愛く感じるものの、「私以外の女の子と会わないで」「他の女の子とLINEしないで」など彼の行動を制限するまでになると行きすぎです。

「自分だけを見てほしい」というのもわかりますが、あまりにも束縛や嫉妬が激しいと彼も離れていってしまいます。

編集部
行動を制限するのではなく、相手を信じるよう意識しましょう。

彼氏が好きすぎる女性のやってはいけないNG行動4選

彼氏が好きすぎると、どうしても自分中心に行動しがち。けれども、大好きな彼氏とずっと一緒にいたいなら気を付けなければならないこともあります。

そこで、彼氏が好きすぎる女性のやってはいけないNG行動をご紹介します。

いつも彼氏を最優先する

彼氏が好きすぎると、どうしても彼氏とのことを最優先してしまいがちです。

しかし、どちらか一方が無理をした状態になると、いい関係を続けることはできません。今は良くても、あなたか彼氏のいずれかが関係に疲れてしまうことも。また、彼氏によっては重いと感じたり、あなたに優先してもらうことが当たり前になったりすることも。

編集部
彼氏との時間が何よりも大切なのはわかりますが、自分のすべきことを犠牲にしてまで彼を優先することはやめましょう。

何回も彼氏に連絡をする

彼氏が好きすぎると、彼氏といつもつながっていないと不安に感じがちです。

そのため、連絡やLINEの返信がなかなか来ないとき、「他の女の子と一緒にいるのかも」と何度も連絡やLINEをすることがあります。中には、反応があるまでしつこく連絡を入れたり、LINEの連投をしたりする人もいるでしょう。

反応がないと不安に思う気持ちもわかります。けれども、あまりにしつこくされると彼も息苦しさを感じてしまうもの。

編集部
相手が負担を感じないよう、適切な距離を保つことが大切です。

プライベートを監視する

彼氏が好きすぎる女性の中には、彼の行動を全て把握しないと気が済まない人もいます。

「今どこにいるの?」「何をしているの?」としつこく聞いたり、彼のSNSをチェックしたり。最初は「可愛い嫉妬」程度に思っていても、常にこうした行動を取られると彼も息苦しさを感じるでしょう。

彼氏からすると、まるで監視されているかのようで、余計にあなたを避けたくなってしまうもの。

編集部
良い付き合いを続けるためにも、プライベートを監視することはやめましょう。

彼氏に依存しすぎる

彼氏と長く付き合っていきたいのなら、彼氏に依存しすぎはやめましょう。

あなたに依存されると、彼氏は自分の時間が無くなります。いつもあなたを気にかけなくてはならず、負担が大きくなりストレスを感じるでしょう。

また、依存は自分の自立心も失われます。常に誰かに依存しなければ生きていけない「依存体質」になりかねません。

編集部
そのためにも、友達関係を充実させたり、熱中できる趣味を作ったりして自立した女性を目指しましょう。

彼氏が好きすぎて辛いときの4つの対処法

彼氏が好きすぎると、彼の負担になりがちです。せっかく上手くいっていた2人の関係が崩れることにもなりかねません。

そこで、彼氏が好きすぎて辛いときの4つの対処法をご紹介します。

お互い負担にならない連絡頻度を決める

彼氏が好きすぎると、「たくさん話したい」とつい連絡をしてしまうことも多いでしょう。しかし、彼はそれを負担に感じてしまうこともあります。

連絡は、どちらかの希望に合わせてしまうと、どちらか一方にストレスがたまります。お互いに無理のない範囲で連絡をすることが大切です。

もし相手が理想とする連絡頻度が分からない場合、一度連絡頻度について話し合っておくのがおすすめ。

編集部
そうすれば、「なんで連絡してくれないの?」とストレスに感じることもなく、お互い心に余裕が生まれるでしょう。

1人の時間を大切にする

長続きするカップルは、お互いに自分の時間を大切にしています。

いつも一緒にいると独占欲や嫉妬心が沸き、彼氏のことを考えて辛くなります。しかし、恋愛から離れる時間があれば、余計なことを考えなくて済みますし、彼氏に依存しすぎることも防いでくれます。

趣味や習い事など何でもいいので、1人でも楽しめるものを見つけてみましょう。

編集部
1人の時間を大切にできるようになれば、彼氏のことを考える時間も減るので不安も減り、彼氏と会えない時でも有意義な時間を過ごせるでしょう。

人間関係を広げる

彼氏が好きすぎて彼にどっぷり依存しないためにも、積極的に人間関係を広げるようにしましょう。

依存は、寂しさが原因となっていることもあります。その寂しさを埋めることができれば、彼ともいい距離感が保てるはず。また、「他にも頼る人がいる」と心に余裕も出てくるでしょう。

人間関係を広げるためにも、友達からの遊びの誘いには積極的に参加するのがおすすめ。

編集部
最初は彼氏のことばかり考えてしまうかもしれませんが、徐々に慣れてくるでしょう。

過度な束縛・干渉をしない

彼氏が好きすぎて辛いからといって、過度な束縛・干渉をすることはかえって逆効果です。

恋愛をすると誰でも相手に独占欲が沸くものですが、過度な束縛や干渉は相手にとって大きな負担になります。自由が失われるだけでなく、彼女に対して「信頼されていないんだな」と不信感を抱くことになりかねません。

連絡の頻度などある程度のルールは必要ですが、過度な束縛・干渉はNG。

編集部
出掛けるたびに「誰と出掛けたか?」「何をしていたか?」など逐一報告を強制することもやめましょう。
あわせて読みたい
長続きするカップルの特徴6選!秘訣と長続きしないカップルとの違いを解説 好きな相手と付き合えることになったら、ずっと一緒にいたいと誰もが思うもの。 しかし、付き合いはじめのラブラブな状態が長続きするカップルもいますが、時間が経つに...

彼氏が好きすぎる場合でも適切な距離感を保とう!

彼氏が好きすぎるというのは、とても幸せなことです。

彼氏もあなたにそこまで思ってもらえることを嬉しく思っているはずなので、適切なかたちで愛を育てれば、2人の関係はもっと深まるはず。

とはいうものの、好きという気持があまりにも大きすぎて相手に負担をかけることもあるので要注意。彼氏の負担にならないように適切な距離感を保つことが大切です。

また、彼氏以外にもいろいろなことに目を向けることも重要です。

編集部
1人で過ごす時間も大切にし、彼に依存しすぎないようにすることで、より2人の関係は深いものになるでしょう。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
タップできるもくじ