MENU

セフレのベストな連絡頻度!連絡こない場合の対処方法などもご紹介

セフレ連絡頻度

「セフレに毎日連絡するのって迷惑?」
「セフレから連絡がこない時はどうすればいい?」

セフレとは体の関係はありますが恋人ではないため、上記のように連絡の取り方や頻度に迷ってしまうという方も多いと思います。
連絡の取り方次第では嫌われてしまう可能性もあり、そうならないためには適度な頻度で連絡を取る必要があります。

そこで今回は、セフレ連絡の内容や心理を解説しながらベストな連絡頻度についてご紹介します。
編集部
セフレから連絡こない場合の対処方法なども紹介しますので、現在セフレがいる方やセフレに興味がある方などは是非参考にしてみて下さい。
あわせて読みたい
セフレの作り方・募集方法!おすすめ出会い系サイトや安全に探すコツ 「恋人はいらないけどセックスはしたい」 「セフレとはどうやったら出会うことができるのだろう?」 「セフレの作り方が知りたい!」 そう思っている方は少なくないはず...
タップできるもくじ

セフレに連絡をする目的や心理

セフレは恋人ではありませんが、生身の男女の特別な関係なので、嫉妬したり好きになったりなど色々な感情が連絡に表れます。
それらを予め知っておくと、セフレと良い関係を長く続けやすくなったり、連絡こない時に対応しやすくなったりもします。

そこで、まずはセフレ連絡の目的や心理から見ていきましょう。

予定が空いて暇になった

予定が空いて暇になったら、ちょっと誰かと話したくなったりしますよね。
女性はお喋りが好きな人が多いので、時間ができたら同じように暇している相手を探して色々な人に連絡をします。

特にセフレは体の関係があるので何でも話しやすく、恋人や旦那の愚痴や下ネタなども抵抗なく言えたりもします。
更にセフレの場合は、そこから会って遊んだりセックスしたりもできるため、暇ができるとセフレに連絡するという女性は少なくありません。

生理前で性欲が高くなっている

男性もエッチがしたくなったらセフレに連絡しますが、男性と違って女性は生理周期で性欲が変動しています。
生理前になると性欲が高まり、自分では我慢できないくらいエッチがしたくなったりもします。

そんな時、気軽に安心して身を任せてエッチできる相手として、セフレに連絡をするという女性は多いです。

また、女性は男性に比べて新たにセフレを作るのも難しくありませんが、その分、病気や妊娠などのリスクも大きいです。

編集部
そのため、特にすぐに会いたいなどの場合は、新たにセフレを探すのではなく現在関係のあるセフレに連絡する場合が多いです。
あわせて読みたい
セフレと会う日に生理になった!対処法や生理中のセックスを安全に楽しむ方法 セフレがいれば、いつでも好きな時にエッチできるので、既にセフレがいたり複数人と体の関係がある人もいますよね。 でも、そんなセフレとのデート日に生理になってしま...

話し相手になってほしい

ふと寂しくなったり辛い事があったりした時に、誰かに聞いてほしかったり相談したくなる事もありますよね。
一般的には親友だったり家族などに話し相手になってもらう場合が多いですが、中にはセフレに相談するという女性もいます。

セフレは自分が選んだ特別な異性で、外見以外の内面での魅力がある場合も多いからです。
つまり、セフレではありますが友達以上恋人未満の関係なので、感情を共感したくなったり頼りたくなったりするという事です。

セフレとの関係性にもよりますが、このタイプの場合はセフレから恋人に昇格しやすいです。

自分だけを見てほしい

特に会ってセックスをするわけでもないのに連絡をしてくる時は、自分以外の異性の影がないか探ろうとしている場合もあります。
何度も体の関係を持っていて相性が良ければ、相手に好意を持って独占したくなるのは自然な感情です。

セフレの関係では相手を完全に束縛する事はできないので、新たなセフレを作っていないか定期的に連絡してチェックしています。

このタイプはほぼ確実にあなたに好意を持っているので、体だけの割り切った関係を続けるのが難しい場合が多いです。
もしセフレの関係のままでいたい場合は、少し距離を開けるなど対策しましょう。

セフレ連絡の頻度が高い時のメリット

セフレ連絡は頻繁にすべきか否かで迷ってしまう事もありますよね。
そこで次は、連絡頻度が高い場合と低い場合それぞれのメリットを見ていきましょう。

まずは、セフレ連絡の頻度が高い時のメリットです。

性欲を満たしやすい

男性も女性もセフレを作る一番の目的はセックスで、セフレ連絡の頻度が高い程気軽に性欲を発散しやすいです。
特に性欲が強い人ほどセフレ連絡の頻度を高めれば、我慢せずに欲求を満たしやすくなります。

また、基本的に女性は恋人以外の相手を自分からエッチに誘ったりはしません。
しかし、セフレの関係で連絡頻度が高ければ、女性側から誘ってくれる回数も多くなります。

頻度が高ければお互いにエッチしたい時にいつでもできるので、仕事や勉強の活力になり充実した毎日を過ごしやすくなります。

恋人のようなエッチができる

セックスをする相手でも時々しか連絡を取らなければ、心で繋がる事はできません。
そのため、エッチも体の快楽だけの蛋白なものになりがちです。

セフレ連絡の頻度を高めると、セフレというより友達の印象が強くなり、ムードを作りやすくなったり相手のエッチの好みを知りやすくなったりします。
また、相性次第では毎回恋人のようなラブラブなエッチが出来たりもします。

心のケアができる

セフレとは既に体の繋がりがある親しい存在なので、なかなか人には言いづらい悩みや愚痴なども抵抗なく言える場合も多いです。
また、体でしか繋がっていない遠い友達だから、余計な事を考えず何でも言える場合もあります。

そういった事から、セフレ連絡の頻度が高いと気軽に悩み相談をしたり寂しさを紛らわせたりして、心のケアができたりもします。
そして普段から心のケアをし合える関係になれると、会った時も自然と濃密なセックスができて盛り上がりやすくなります。

自然消滅しにくい

月に1,2回しか連絡をしなければ相手への興味も薄れて、関係が疎遠になりがちです。
連絡した時にちょうど予定が空いているという事も少ないので、連絡をしても忙しくて返信がないなどという事も多くなりがちです。

頻繁に連絡を取っていれば忙しくて会えないという事もなく、予定を組みやすくなります。
また、会えない期間が続いてもその日あった事などを報告し合う事で、心を繋ぎ止めやすくなって関心が薄れる事を防げたりもします。

セフレ連絡の頻度が低い時のメリット

連絡頻度が高いと色々なメリットがありますが、だからといって必ずしもたくさん連絡した方が良いとは限りません。
セフレ連絡の頻度が低いからこそのメリットもあるので、併せてチェックしておきましょう。

適度な距離を保ちやすい

セフレはセックスをする男女の特別な関係ですが、セフレ連絡の頻度が高いと、相手に好意を持ちやすくなったり依存しやすくなったりします。
恋人や共依存の関係になるのが悪いという事ではありませんが、関係を進展させる場合は相手も同じように望んでいなければいけません。

片方だけが好意を持ってしまうと、気持ちに差が生まれて純粋にセックスを楽しめなくなります。
そして、そのまま無理に関係を続けようとすると、独占欲から執拗に求めすぎて、相手の私生活に影響が出たり、時にはストーカー化してしまう場合もあります。

連絡頻度が低ければそういった事を自然と防げるので、関係を維持しやすいです。

マンネリ化しにくい

「セフレとは恋人とできないような変わったエッチがしたい」という方も多いはず。
しかし、連絡頻度が高いと友達のような関係になってしまうため本音が言いづらくなり、したいエッチがしづらくなったりもします。

連絡頻度が低いと良い意味でセフレでしかないため、友達や恋人には見せられないアブノーマルな一面も出しやすいです。
本能のまま色々なプレイができれば、長く関係が続いてもマンネリ化しにくいので、自然と関係を続けやすくなるなどのメリットもあります。

周囲にバレにくい

恋人がいたり既婚者でも、性生活に不満があってセフレを作るという方も多いですよね。
その際、セフレ連絡の頻度が高いとパートナーに疑われやすくなり、関係を続けていくのが困難になりやすいです。
これは自分だけでなく、相手にパートナーがいる場合も同様です。

連絡頻度が低ければ疑われにくくなるため、関係維持が簡単です。
わざわざ別アカウントを作ったり他のアプリを使うような必要もなく、普段の環境で秘密裏に連絡を取る事ができます。

経済的に楽

セフレとの連絡頻度が高いと自然と会う回数も増えるため、ホテル代や食事代などの交際費が多く必要になります。
自分の家に呼んで食事も自分で作るなどをすれば節約する事もできますが、毎回それでは刺激がなく飽きられやすくなります。

また、最近はパパ活が流行している事もあり、節約しようとしているとケチだと思われて他のリッチな男性に乗り換えられてしまうなどといった可能性もゼロではありません。

セフレ連絡の頻度が直接関係するわけではありませんが、頻度を抑えて会う回数を減らす事で、経済的に楽に関係を維持できたりもします。

セフレ連絡のベストな頻度

先にご紹介したように連絡頻度は多ければいいという事ではなく、高い場合と低い場合の両方にメリットがあります。
そのため一概にどちらが良いとは言えませんが、ベストな連絡頻度を考える場合、現在の関係や将来どうなりたいかが重要です。

そこで次は、二人の関係性ごとにベストな連絡頻度をご紹介します。
関係性の認識を相手と揃えておく事で楽に関係を続けられるようになるので、是非チェックしてみて下さい。

体だけの関係の場合

まずは、体だけの関係の場合の連絡頻度です。

  • 会う時は必ずエッチする
  • 相手の好きなところは顔や体
  • 最低限の連絡しかしていない

このような関係の場合は、あまり頻繁にセフレ連絡はせず、頻度を抑えながら定期的に連絡を取っていくようにしましょう。

外見やエッチをしている時は好きかもと思っても、恋愛感情は持っていないので、本心ではそれ以上仲良くなることを望んでいない場合が多いです。
そのため、無理に連絡頻度を高めてしまうと、会っても楽しいと思えなくなったり相手の負担になって迷惑をかけやすくなってしまいます。

そういった事から、ベストな連絡頻度としては大凡1~2週に1回程度、会う目的でのみ連絡をするのがおすすめです。
1~2週に1回程度なら仮に相手にパートナーがいてもバレにくいですし、経済面にも優しいので関係を続けやすいです。

ただし、予定が会わず1ヶ月など長期間会わない場合は、会わなくても連絡は必要です。
体だけの関係だからといって長期間連絡を取らずにいると関係性が薄れてしまうので、1~2週に1回程度、近況報告だけでも良いので連絡をしてみましょう。

友達以上恋人未満の場合

次に、友達以上恋人未満の場合の連絡頻度です。

  • 元々エッチなしの友達の関係だった
  • エッチしなくても一緒にいて楽しい
  • 相手に他にセフレがいるか気になる

このような場合は、できるだけ連絡を頻繁に取りながら、「連絡する=エッチする」にならないように気をつけるようにしましょう。
元々友達だった相手とセフレになった場合やセフレだけど一緒にいて楽しいと感じる場合は、連絡する頻度を高めると、更に仲良くなれたり恋人になれたりもします。

また、相手の他のセフレが気になったり嫉妬してしまう場合は、実はその相手はセフレではなく本命の恋人候補である可能性が高いです。

相手を独占して自分だけの彼女にしたいと思ったら、セックスだけで繋がっていてはいけません。
できるだけ頻繁に連絡を取って、セックス以外の部分でも親しい関係になれる努力をしましょう。

ベストな連絡頻度は、ずばり毎日です。
朝晩の「おはよう」や「おやすみ」の挨拶だけでもいいので、できるだけ頻繁に連絡をしましょう。
頻繁に連絡する事で連絡が来るのが当たり前になり、相手にとってあなたがセフレではなく生活の一部という印象に変わりやすくなります。

その上でセックスをすると体だけでなく心でも通じ合えて、より気持ちの良いエッチができ、好意を持ってもらいやすくなります。

セフレ連絡を工夫して楽しむ!

ここまでセフレ連絡の取り方や頻度別にメリットなどを紹介してきましたが、連絡の目的を工夫する事でセフレとの関係を更に楽しめたりもします。
ちょっとした工夫でマンネリ化を解消できたり相手の知らない一面を知れたりもするので、以下を参考にしてセフレとの関係を楽しんでみて下さい。

バーチャルな恋人体験

お互いに特定の恋人がおらず最近恋をしていない方などにおすすめなのが、バーチャルな恋人体験です。
連絡頻度を意図的に上げて頻繁に連絡をする事で、セックス以外の相手の好きなところが分かったり共通の趣味が見つかったりする事もあります。

恋人のように連絡を取っていると心が通じ合ってくるので、いつもと同じセックスでもムードが高まって興奮しやすくなります。

特定のパートナーがいる場合は難しいですが、心の底から気持ち良くなれて、相手に特別感を感じてもらいやすくもなるのでおすすめです。

ソフトSMでの言葉責め

体だけの関係でも連絡の仕方を工夫すると、ソフトSMを楽しめたりもします。
相手もアブノーマルなジャンルに興味がある場合に限られますが、縛ったり叩いたりなど物理的な刺激は与えないので誰でも簡単に楽しむ事ができます。

内容は色々ありますが、例えば相手に恥ずかしい写真を送るように命令したり、オナニーを支持してオルガズムを管理したりなど工夫次第で色々な楽しみ方ができます。

また、これらのやり取りは実際に会うまでの前戯にもなるので、気持ちを高めて会った時に爆発させる事でより濃厚なエッチを楽しめたりもします。

テレフォンセックス

遠距離だったり忙しかったりしてなかなか会えない時におすすめなのが、テレフォンセックスです。

テレフォンセックスとは、電話で話しながら一緒にするバーチャルセックスの事です。
相手に触れたり触れられたりしているイメージを伝え合いながら一緒にオナニーをする事で、本当にセックスをしているような快感を味わえます。

テレビ電話を使えば更に興奮度が高まりやすく、離れていても一緒に気持ち良くなれるので、セフレだけでなく恋人にも人気があります。

セフレから連絡こない理由と対処方法

最後にセフレとの関係が上手くいかず、連絡こない時の理由と対処方法をご紹介します。
セフレから連絡こない理由は色々考えられますが、内容次第では関係を修復して再びセフレに戻れる場合も多いです。

現在セフレとうまくいっていなかったり連絡をしても返事がないような時は、以下をチェックしてみて下さい。

恋人ができた

相手に恋人ができると、急に連絡が取れなくなったり頻度が極端に低くなる場合が多いです。

セフレでも急に関係を絶たれると寂しいですが、執拗に絡んだりせず、相手の幸せを願って他のセフレを探すようにしましょう。
他に目を向ける事で自分でも分からなかった気持ちが知れたり、相手も同様にあなたの大切さを確認するきっかけになる場合もあります。

また、相手の新しい恋が上手くいくという保証はないので、付き合ってみたけれど相性が悪くて別れるという可能性もあります。
その場合、セフレだったあなたになら愚痴や悩みなども気軽に言えますし、失恋の悲しさもセフレなら簡単に埋められるので、再び関係が戻る可能性も高いです。

忙しくなった

転職や進学、引っ越しや離婚などの人生の転機になるような大きな出来事があった時も、連絡がこなくなりやすいです。
あなたに興味がなくなったわけではありませんが、忙しすぎて体や心が疲れているので性欲は後回しになっています。

そのような時にしつこく会いたいなどと自分勝手に連絡してしまうと、関係が終わる原因になるので注意しなければいけません。
セフレはお互いに良い意味で都合の良い存在なので、相手に余裕ができるまで我慢して待つ事が大切です。

また、反対にあなたの方が忙しくなった時は、会えない理由や期間などを一言でいいので連絡してあげましょう。
連絡しておけば無駄な誤解を生まず、時間ができた時に関係を戻しやすくなります。

飽きられてしまった

あまり考えたくはありませんが、相手に飽きられてしまったために連絡がこなくなる場合もあります。
女性も性欲はありますし、何度もセックスするうちに興奮度が低くなり、あなたとのセックスに飽きてしまう事も十分あります。

まずはそうならないように、普段から愛情をたっぷり注いで、自分本位ではなく相手が満足するようなエッチをするようにしましょう。

また、セフレという関係性を活かしてセフレならではのエッチをする事も大切です。
変わった場所でしていたり大人のおもちゃを使ったり、SMやイメージプレイなどの要素も取り入れながら、いつもドキドキできるようなエッチを心がけましょう。

セフレ連絡は適切な頻度でしよう!

以上、セフレ連絡の内容や心理、ベストな連絡頻度などについて紹介してきました。

セフレ連絡の頻度は、高い場合と低い場合のそれぞれにメリットがあります。
ベストな連絡頻度は現在の関係性によって異なり、頻度を調整する事で新たな関係を築けたりもします。

適切な頻度で連絡する事は、セフレと良い関係を長く続けるためにとても大切です。
現在セフレがいる方は是非この記事を参考にして、素敵な関係を楽しんでみて下さい。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
タップできるもくじ